DENTAL HYGIENIST

歯科衛生士とは?

歯科衛生士は歯や口の
健康づくりをサポートする
国家資格に基づく専門職です。
目白大学短期大学部では
3年間の学びを経て受験資格を取得し、
国家試験の合格を目指します。

歯科衛生士の
3つの役割

  • 1.歯科予防処置

    むし歯や歯周病を予防するために、歯垢や歯石を取り除いたり、歯にフッ素を塗ったりする処置を行います。

  • 2.歯科診療補助

    歯科医師と協力して、患者さんが安全・快適に歯科治療を受けられるようにサポートをします。

  • 3.歯科保健指導

    歯みがきの指導や食生活の指導などを行います。幼稚園や小学校、高齢者施設などに出向くこともあります。

キャリアがひらける!
歯科衛生士

  • POINT-01

    一生ものの
    資格

    国家資格を活かして、結婚や出産後に離職しても仕事に復帰する人が多くいます。

  • POINT-02

    活躍の場が
    広い

    歯科診療所のほかにも、すべてのライフステージに応じた多彩な活躍の場があります。

  • POINT-03

    求人数
    増加

    活躍の場が拡がるのに伴い、歯科衛生士の求人数は年々増加しています。

歯科助手との違い

資格不要で歯科診療所の受付や器具の消毒などを担当する「歯科助手」に対し、
「歯科衛生士」は国家資格を持ち、歯科医療業務の専門家として幅広く活躍できます。

想定される
活躍の場

病院や歯科診療所はもちろん、地域に密着した保健施設や各種教育機関など、
幅広い医療・介護の現場で歯科衛生士が求められています。
目白短大では、多様化する社会のニーズに応えて活躍する歯科衛生士を養成します。

  • 介護・福祉
    施設
  • 医療・福祉
    関連企業
  • 病院
    歯科診療所
  • 保健所
    市町村保健
    センター
  • 学校
    保育所
    幼稚園