創立100周年記念事業募金

ごあいさつ

学校法人目白学園
理事長
尾﨑 春樹

2023年、目白学園(中学校・高等学校)は、創立100周年を迎えます。また、短期大学は開学60周年、大学は30周年と記念すべき節目の年を迎えます。
本学園は、大正12(1923)年、佐藤重遠先生によって「研心学園」として創立され、以来歴史を積み重ね、現在では、大学、大学院、短大、高校、中学を有し、学生・生徒7千名を越える総合学園に発展してまいりました。
この間、建学の精神「主・師・親」を礎として、社会で活躍できる有為な人材の育成に邁進し、あわせて、研究や国際交流の充実、さらには地域社会との連携協力にも鋭意取り組んでまいりました。
このことは、皆様方から学園に寄せられた深いご理解と温かいご支援の賜であり、慶祝する年を迎えるにあたり、改めて感謝申し上げます。
ここに、目白学園は、来たる100周年を記念し、今後さらなる学生・生徒への支援の充実と、学園のゆるぎなき永続的発展のため、「目白学園創立100周年記念事業募金」を募ることとし、その事業内容を後記に掲げ、役員・教職員の総力を挙げて取り組んでまいります。
つきましては、保護者、同窓生及び関係者の皆様におかれましては、この記念事業の趣旨にご賛同いただき、格別のご支援ご協力を賜りたく、心からお願い申し上げます。

募金ご協力のお願い

来る2023年、目白学園は、創立100周年を迎えます。この度、その輝かしい年に向けて、新校舎「百年館」の建設をはじめ、学生・生徒の教育研究活動を支援する「目白学園創立100周年記念事業」を策定し、取り組んでいくことを決定しました。
この記念事業を成功させ、目白学園2世紀目への更なる飛躍のため、学園関係者・支援者の方々のご理解とご協力のもと、募金活動を行ってまいる所存です。
上記の趣意にご賛同いただき、皆様方からの温かいご支援を賜りたく、ここに謹んでお願い申し上げます。

2019年4月

目白学園創立100周年実施委員会委員長・目白学園理事長
尾﨑 春樹
同 副委員長・目白学園常務理事
中山 雅弘
同 副委員長・目白学園常務理事
山本 博幸
同 副委員長・目白大学学長
沢崎 達夫
同 副委員長・目白大学短期大学部学長
油谷 純子
同 副委員長・目白研心中学校・高等学校校長
松下 秀房
目白大学同窓会会長
山西  茂
目白大学短期大学部校友会会長
矢口 雅子
目白研心中学校・高等学校同窓会会長
田中 金子
目白大学・目白大学短期大学部桐光会会長
大塚 純子
目白研心中学校・高等学校PTA会長
勝谷 太郎

募集要項

募金の名称 目白学園創立100周年記念事業募金
募金の目的 目白学園創立100周年記念事業計画の資金として充当させていただきます
募金目標額 3億円
募集期間 2019年4月1日〜2024年3月31日までの5か年間
募 金 額
  • (1) 個人寄付
    一口:1万円
    金額にかかわらず、ありがたくお受けします
  • (2) 法人・団体寄付
    一口:金額は定めておりません
    金額にかかわらず、ありがたくお受けします
募集対象者
  • (1) 在学生・在校生の保護者
  • (2) 在学生本人
  • (3) 同窓生
  • (4) 教職員(退職者含む)
  • (5) 一般(個人)
  • (6) 法人・団体等
募金方法
  • (1) 銀行振込(りそな銀行、三菱UFJ銀行)
  • (2) クレジットカード決済
顕彰 芳名録及び銘板に、ご芳名を録し、末永く顕彰させていただきます
特に、大口のご寄付を賜りました方には、新宿キャンパス新棟「百年館」の銘板にご芳名を刻させていただきます(法人・団体50万円以上、個人10万円以上)

※芳名録等への掲載を望まれない方は、寄付申込書もしくは寄付申込フォームからお知らせ願います

創立100周年記念事業について

申込・振込方法・領収書

銀行振込の書類請求

下記のフォーム1からお申し込みいただくと、100周年記念事業募金振込用紙等一式をご指定の住所にお送りいたします。必要事項をご記入の上、銀行にてお振り込み願います。なお、下記の取り扱い指定銀行の本支店をご利用になりますと手数料のご負担はございません。
領収書は、「振込受領書」になります。税制上の優遇措置を受ける場合に必要となりますので、大切に保管してください。

取扱指定銀行
りそな銀行、三菱UFJ銀行

銀行振込用書類請求フォーム1

クレジットカードによる決済

下記のフォーム2からお申し込みいただくと、クレジットカード決済による募金ができます。必要事項をご入力の上、お手続き願います。
領収書は、学園より郵送いたします。税制上の優遇措置を受ける場合に必要となりますので、大切に保管してください。

クレジットカード決済申込フォーム2

税制上の優遇措置

学校法人目白学園は、「税額控除対象法人」及び「特定公益増進法人」の認定を受けております。これに伴い目白学園創立100周年記念事業募金にお寄せいただいた寄付金は、次のような税制上の優遇措置を受けることができます。

個人の場合

(1)所得税に係る寄付金控除

寄付者の方は、確定申告の際に、「税額控除」と「所得控除」のどちらかを選択して所得税の控除を受けてください。

税額控除
【寄付金額(所得の40%が限度)- 2,000円】×40%(控除率)
所得控除
【寄付金額(所得の40%が限度)- 2,000円】を課税所得金額から控除
(2)住民税に係る寄付金控除

加えて、お住まいの都道府県及び区市町村において、本学園を「寄付金税額控除対象法人」に指定している場合は、申告により寄付をされた翌年度の住民税から税額控除されます。

都道府県民税
【{寄付金額(所得の30%が限度)- 2,000円}×4%】相当額
区市町村民税
【{寄付金額(所得の30%が限度)- 2,000円}×6%】相当額

詳しくは、お住まいの都道府県及び区市町村 税務担当課にお問合せ下さい。なお、2019年1月現在で、本学園が確認できている都道府県民税が税額控除となるのは、東京都及び埼玉県並びにさいたま市です。

寄付金控除の手続きは、寄付した翌年の確定申告期間に、本学園発行の「寄付金領収書」と「寄付金控除に係る証明書(写)」を所轄税務署に提出して確定申告を行うと、所得税の還付を受けることができます。

法人の場合

法人が学校法人に寄付した場合、法人税法に基づき、寄付金が当該事業年度の損金に算入されます。本学園の場合は、「特定公益増進法人に対する寄付金」として、一般寄付金の限度額とは別枠で損金算入限度額に相当する金額まで損金に算入することができます。

特定公益増進法人に対する寄付金として寄付申し込みされた場合の損金算入限度額の計算方法

[(期末資本金及び資本積立金×事業年度月数/12月×3.75/1000)+
(寄付金支出前の所得金額×6.25/100)]×1/2=限度額

特定寄付金の証明のためには本学園発行の「寄付金領収書」と「特定公益増進法人証明書(写)」が必要となります。

目白学園古本募金について

「目白学園古本募金」の寄付を受け付けています。
ご不要になった書籍・DVD・CD・ゲームソフトをご提供いただくことで、その売却代金が目白学園への寄付金となります。

「目白学園古本募金」サイト

お問い合わせ

学校法人目白学園 法人本部財務部財務課

〒161-8539 東京都新宿区中落合4-31-1
TEL:03-5996-3114
FAX:03-5996-3184
E-mail:mejiro100th_bokin@mejiro.ac.jp

サイトTOPへ戻る