• 目白大学のSDGs 目白大学・目白大学短期大学部のSDGs

目白学園では、
SDGsの普及に取り組んでいます

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、すべての人々にとってよりよい、より持続可能な未来を築くための青写真です。貧困や不平等、気候変動、環境劣化、繁栄、平和と公正など、私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指します。SDGsの目標は相互に関連しています。誰一人置き去りにしないために、2030年までに各目標・ターゲットを達成することが重要です。(国際連合広報センターサイトより引用)

詳細はこちら(国際連合広報センターサイト)

SDGs 関連NEWS

SDGsに関する本学の取り組みなど、最新情報をご紹介します。

SDGs事例紹介

SDGsに取り組む目白大学の事例紹介

目白大学・目白大学短期大学部の研究教育活動や社会貢献活動から、SDGsの17目標に紐づけられる取組事例を学部学科・研究室単位で紹介します。

SDGsに取り組む目白研心中高の事例紹介

目白研心中学校・高等学校の教育学習活動や社会貢献活動から、SDGsの17目標に紐づけられる取組事例を紹介します。

  • 遊びながら楽しく学ぶSDGs

    4 質の高い教育をみんなに17 パートナーシップで目標を達成しよう

    目白研心中学校・高等学校 国際文化部
    クラブ紹介

    目白研心中学校・高等学校の国際文化部では、SDGsについて楽しく学べるような企画を取り入れて活動しています。6月にはJICA地球ひろばを訪問し、地球案内人の方からSDGsについてプレゼン形式で教えていただくだけでなく、体験ゾーンの見学やクイズにもみんなで挑戦しました。9月の桐陽祭ではJICA訪問で学んだことを生かし、お客さんに楽しんでもらいながらSDGsについて知ってもらえるようなイベントを企画しました。国連広報センターのGo Goalsすごろくや、部員が作成したクイズなどの遊びを通して小・中・高校生に楽しんでもらうのはもちろんですが、来校した保護者の方など、子どもから大人まで幅広い年齢層の方にSDGsについて興味を持ってもらえるように工夫しました。
    今後も教科書や授業で学習するのとは違ったアプローチで、体験的にSDGsについて学んでいくことを目指すのと同時に、中高生や保護者の間ではSDGsという言葉自体まだ耳慣れない人も多いので、その認知度の向上に役立てるような活動も行っていきたいと考えています。

    SDGs取組事例

SDGsイベント

国際交流研究科 第5回公開講演会
「SDGsとエシカル消費 ~持続可能な消費とは何か~」
イベントは終了しました

国際交流研究科 第5回公開講演会
チラシ(詳細はこちら)

講師:中原 秀樹 氏

<講師プロフィール>
東京都市大学(前 武蔵工業大学)名誉教授、日本エシカル推進協議会会長、国際グリーン購入ネットワーク(IGPN)会長、地球環境戦略研究機関(IGES)シニアフェロー

日時:2019年7月20日(土)15:00~16:40

  • 会 場:目白大学新宿キャンパス 10号館9階 10901教室 交通アクセス
  • 主 催:目白大学大学院 国際交流研究科
  • 共 催:目白大学社会学部 地域社会学科、社会情報学科
  • 後 援:
    新宿区、一般社団法人新宿ユネスコ協会、ESD活動支援センター及び関東地方ESD活動支援センター、日本エシカル推進協議会、国際グリーン購入ネットワーク
申し込み方法

入場無料
※事前申し込みは不要です。当日、直接ご来場ください。

お問い合わせ

東京都新宿区中落合4-31-1
目白大学大学院国際交流研究科(目白大学社会学部地域社会学科)
TEL/FAX:03-5996-3158


SDGs12 つくる責任 つかう責任

エコキャンパス

目白学園は、地球環境問題の解決と持続可能な社会の実現に向け「目白学園環境行動計画」を掲げて、学園全体の主体的・自覚的な活動や取り組みを組織的・計画的に推進することを目指します。詳細に関しては「エコキャンパス」サイトをご覧ください。

エコキャンパス