目白大学メディカルスタッフ研修センター[認定看護師教育課程] 脳卒中リハビリテーション看護 / がん性疼痛看護

お知らせ
「認定看護師」
資格取得をお考えの方へ
目白大学メディカルスタッフ研修センターでは、随時見学、進学相談を受け付けています。
「脳卒中リハビリテーション看護」認定看護師にご興味のある方は是非本学にお越しください。
●見学・進学相談受付日時
曜日 時間
月~金 13時~17時
13時~15時
ご希望の方は こちらpop up からお申込ください。
※なお、進学相談の内容によっては後日お答えすることがあります。
>> News&Topics一覧

教育理念

 高度専門分化する保健・医療・福祉の現場において、看護職者にはこれまで以上に高い資質を備え、多様化するヘルスケアニーズに即した適切な看護を提供することが求められています。これらの期待に応えるために、特定の看護分野について熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践を提供できる認定看護師を社会に送り出すことにより、看護現場における看護ケアの広がりと看護の質の向上に寄与します。

教育目的

 変化する保健・医療・福祉環境の中で、個人・家族や集団に対して、熟練した看護技術と専門的知識を用いて水準の高い看護を実践できる看護師を育成します。さらに、それらを基盤として他の看護師への指導・相談の役割を備え、看護の質向上のために自己研鑽できる能力を有する認定看護師を育成します。

アドミッションポリシー

1)人にやさしく深い洞察力を持ち、よいコミュニケーションがとれる人
2)知的好奇心が旺盛であり、課題に主体的に取りくめる人
3)広い視野を持ち、人に対し柔軟で倫理的な対応のできる人
4)他の医療専門職と協働し、連携を推進するためのリーダーシップのとれる人

センター長挨拶

先端医療を担う人材育成と総合的な人間力の向上をめざして

武田 保江センター長
目白大学
メディカルスタッフ研修センター長
武田 保江教授

 チーム医療が前提となっている今日の医療現場では、看護専門職にはとくに高い倫理観を備えた、リーダーシップ能力を発揮できる人材が求められます。目白大学メディカルスタッフ研修センターは、新宿キャンパス、岩槻キャンパスについで第三キャンパスとして埼玉県和光市に保健医療の生涯教育の拠点として設立され、時代の要請に対応すべく看護職のキャリア支援を行うとことを目的としています。
 本学の看護学教育の特徴は看護学部、看護学研究科、認定看護師教育課程という3つから構成され、その利点は、看護学教育の現状と将来の動向を見据えた現任教育の在り方を教育内容に反映できることにあります。設置主体が大学であり、アドミッションポリシーにもとづく人間力の向上をめざして、その裁量のもとさまざまな事業を企画、運用することで、受講生の要望と期待に応えて参ります。

Page Top